Did you know you are using an outdated browser?
  • ARTIFICE01 AR開発(拡張現実)

    マーカーを独自の画像解析によって自由に設定・登録が可能。たとえば、商品のロゴマークなどをマーカーとして設定することで、商品上に3D画像・映像を表示することが出来ます。さらに、360度、どの方向からでも見られる映像

  • iPhone/Android アプリ開発

    株式会社アーティフィスは、iPhone / iPad / Android アプリの開発を行い、急激に増加するスマートフォンユーザーをターゲットに顧客のニーズに合ったモバイル業務アプリケーションの構築を行います。

  • 立体視+360度パノラマ動画

    動画の再生中に上下左右360度見渡すことができ、音声再生もできるため、まるでユーザーがその場所にいるかのような世界を体験できる優れたコンテンツがパノラマ動画です。

  • VRゴーグル用 アトラクション開発

    動画の再生中に上下左右360度見渡すことができ、音声再生もできるため、まるでユーザーがその場所にいるかのような世界を体験できる優れたコンテンツがパノラマ動画です。

  • DiVR(ダイバー)ダンボール製VRゴーグル

    DiVRコースターが「嵐にしやがれ」に登場

    ダンボール製VRゴーグル「DiVR-ダイバー-」のDiVRコースター1.0が日本テレビ「嵐にしやがれ」で紹介されました。
    DiVR(ダイバー)とは、360度全天周のVRコンテンツが楽しめるVRゴーグルです。

  • マンション販売向けAR

    従来のARマーカーでは、マーカーをカメラから外すと認識をしなくなりモデルが表示されなくなりますが、見上げARではマーカーを外してもAR空間上にモデルが表示されます。 よって、見上げたり、左右に移動してモデルを確認することが可能になりました。

  • 3DCG/3DCGアニメーション制作

    手書きのキャラクターやイラスト、写真、映像など、様々な資料からの3Dモデリング制作を行います。実際のキャラクタのアニメーションをスマートフォン用にローポリゴンで制作するといった実績も多数ありますので幅広い対応が可能です。

  • VRゴーグル対応アプリ開発

    ひとことで言うと3D空間の中に入り込むことができるようになります。 3Dゲームの世界に入りゲームをプレイしたり、バーチャル空間でジェットコースターに乗ったりできるバーチャルリアリティーのVR新時代到来です!

  • Kinect(キネクト)アプリ開発

    KinectとはMicrosoft社のゲーム機 Xbox 360R 向けの、ナチュラルユーザーインターフェースデバイスです。体に機器を付けなくても、体の20カ所の情報を簡単に取得することが可能で、人の動きの追従や、顔の表情を認識し画面上に演出を追加などが可能です。


ARtifice iPhone/Android App News 全ての記事を見る

  • 鳥取県日野町公式ARアプリ「たたらのAR」リリース

    鳥取県日野町は「都合山たたら遺跡」等をARで紹介するアプリを平成29年4月21日にリリースしました。バーチャルガイドとして当時の「たたらの里の仕事ぶり・暮らしぶり」がCGで再現されリアルなたたら暮らし体験ができます。

  • ダンボール製VRゴーグル DiVR(ダイバー)

    DIVRコースターが「嵐にしやがれ」に登場

    ダンボール製VRゴーグル「DiVR-ダイバー-」のDiVRコースター1.0が日本テレビ「嵐にしやがれ」で紹介されました。
    DiVR(ダイバー)とは、360度全天周のVRコンテンツが楽しめるVRゴーグルです。


AR/iPhone/Android News PickUp Android一覧 iPhone一覧 AR一覧

  • 3次元スケッチツール「Gravity」

    イギリス・ロンドンの若手デザインエンジニア集団が、3次元スケッチツール「Gravity」の開発に取り組んでいる。Gravityは、ペンと紙に手で描くという、最も単純かつ効率的なアイディアを具現化する手法をデジタルに置き換え、かつ3次元化するものだ。Gravityは…

  • ARでナビするアプリ「MapFan AR Global」

    インクリメントPは3月5日、海外の町で使える徒歩用のARマップアプリ「MapFan AR Global」をリリースした。iOS 7.0以上のiPhoneで利用でき、通常価格は200円。なお、リリース記念キャンペーンにつき、3月25日まで無料で提供している。MapFan AR GlobalはAR技術を使って…

  • 長崎ランタン期間限定「ARアプリ観光情報」

    長崎商工会議所青年部が長崎ランタンフェスティバル期間中、AR(拡張現実)技術を使ったスマートフォン用のアプリを応用し、市内16カ所で観光情報を公開している。 同技術は実在しない画像や動画などを実際の景色の中にあたかも実在するかのように出現させるもので「拡張現実」と…

  • エプソン、眼鏡型ウエアラブル端末を4発売

    セイコーエプソンは28日、眼鏡のように装着して使うウエアラブル(装着型)情報端末「モベリオ」の新製品を4月24日に投入すると発表した。拡張現実(AR)技術によって、デジタル映像や情報を現実の風景に重ねて表示できるのが特長。娯楽用から業務用まで、さまざまな用途を…

  • 自治体 スマホ世代へ情報発信

    ARは、専用アプリをダウンロードしたスマホ、タブレットを、紙や風景に向けてかざすと、画面に映った対象物に動画や画像が重なり合って表示される機能。すでに民間ではゲームや広告、観光案内のツールとして活用されている。府は…

  • こんな動きのロボットは見たことねぇ!

    スマホで操作できる飛行型ドローン「AR.Drone」を販売しているParrotが、米ラスベガスで開催中の「2014 International CES」に新型ドローンを出展しました。陸空両対応の小型モデル「Minidrone」と、まるでバッタのように…


スマートフォン / ニュース ニュース一覧 スマートフォン一覧

  • VRが起こす医療革命

    VR(仮想現実)技術の応用分野として、いま最も活発なのが医療分野での応用だ。提供側のIT企業だけでなく、利用側の病院が新しいVR技術を積極的に取り込んでいる。
    ■衝突事故をバーチャルリアリティで疑似体験!!「JAF360度VR動画」“車両衝突編”を公開!
    ■拡張現実・複合現実がロボットの来襲から労働者を救えるかもしれない理由

  • VR版『マリオカート』人に薦めたくなる楽しさ

    VR版マリオカート「マリオカート アーケードグランプリ VR」を先行体験してきたレポを紹介。すでにゲームセンターで体験できるアーケード版…
    ■「自分が動くときだけ時間が進むFPS」こと「SUPERHOT」が,PS4とPS VRで2017年夏より国内配信
    ■建設現場でARを活用することで壁の向こう側を透視

  • VRに注目 世界最大級ゲーム見本市が米で開幕

    世界最大級のゲームの見本市、「E3」がアメリカ・ロサンゼルスで始まり、VR=バーチャルリアリティーの技術を活用したゲームを去年の倍以上の企業が出品するなど…
    ■「人生変わる」VR開発 長野の大自然を東京、大阪へ
    ■あなたはワシになってパリの空を飛ぶ-「IMAX VR」展開開始

  • 「ARKit」はiPhone 6s以上のデバイスのみ

    WWDCで発表された「ARKit」。これはARアプリを作る上でのフレームワーク(枠組み)で、今回このARKitが発表されたことにより今後iOSでもARアプリが次々リリースされると見られています。
    ■VRはワイヤレスへ 両眼4K120Hzまで対応ワイヤレスVRシステム登場
    ■Swift Playgroundsが広げるiPadの可能性。ARも機械学習も指先一つで開発

  • AR技術で野菜や植物が安くなる?

    一見すると縁遠いように思える農業とVR/AR技術だが、ARを使って農業を支援するシステムも開発が進められている。AIとARを活用した「plant vision」と呼ばれるシステムがあれば…
    ■ポケモンが地面に沿って動く iPhone、iPadがiOS11からAR対応 開発者向けのARKit発表
    ■ついに公開! 小さな町のVRテーマパーク「VOID」に、オープン前に行ってみた

  • 米軍の最新型ARヘッドアップディスプレイ

    米陸軍が、戦場で他の兵士の位置を確認したり、視界の外にある対象物を表示したりできる拡張現実(AR)ヘッドアップディスプレイを披露した。
    ■戦艦大和をVRで再現 広島の高校、甲板上を体感
    ■HTCの新VRデバイス「LINK」、実はHTC U11以外の端末でも使用可能! HTC NIPPONの社長が明言