Did you know you are using an outdated browser?

Android

  • iPhone向けARナビゲーションアプリ

    既存の前方車両認識アプリと、ドライブレコーダーアプリの技術に加えて、新たにARナビゲーション機能を融合。前方車両認識機能は、iPhoneのカメラで捉えた前方車両の映像を解析。走行中、スピードに応じた適正車間距離がとれているかを判定し、3色でAR表示する。新たに追加されたARナビゲ―ションでは、行き先や到着時間など使用頻度の高い項目は、見やすさに拘り大きくシンプルに表示。案内地点が近づくと…

  • スポーツウォッチ「AR-L180EP」

    アレスは11月15日、PCと連動してラップタイムの管理ができるGPS腕時計「AR-L180P」と、楽天Edyを搭載したモデル「AR-L180EP」を発売した。価格はAR-L180Eが1万8800円で、AR-L180PEが2万1800円。 AR-L180はリアルタイムでラップタイムを表示し、km毎のラップタイムの計測が可能だ。ラップは6段階を任意で設定できる。管理ソフト「Enjoy ARES」でPCと連動して、過去のランニング履歴を管理し、Google Map上に走行の軌跡を表示できる…

  • 首に貼る「電子タトゥー」を特許申請

    首に張り付けるタイプの「電子タトゥー」の特許を申請したことが分かった。スマートフォン(多機能携帯電話)などと接続し、電源内蔵マイクとして使うことが想定されている。先週公開された申請文書によると、タトゥーは「ブルートゥース」のような無線通信によって、グーグルが開発を進める眼鏡型端末「グーグル・グラス」などと接続。イヤホンやヘッドセットを装着せずに音声での操作が可能になる。音声の入出力をよりクリアにする機能も想定しており、実現すればにぎやかな部屋でも…

  • 250gの7インチAndroidタブレット

    今回発売される「LaVie Tab S」は、7インチのAndroidタブレットとして軽量・薄型が特徴のモデル。初めてタブレットを利用するユーザー向けに、NECの無線LANルーターに対応する「らくらく無線スタートEX for Android」をプリインストールするほか、パッケージには冊子の「スタートアップガイド」も同梱される。電話サポートは端末の保証期間が切れる2年目以降も無償になっている。このほか、同社のWebサイトにはタブレット専用のサポートページが解説され…

  • 「仮面ライダー鎧武」と一緒に写真が撮れる

    「フォトポーズバッグ」は、スマートフォンとの連動遊びを加えたバッグシリーズで、専用アプリケーション「NEXTPETS!」(無料)をダウンロードして起動し、正面からバッグにピントを合わせてプリントを認識すると、スマートフォンの画面上に劇中エフェクト音と共にキャラクターが出現。カメラアイコンをタッチすると、キャラクターとの2ショット撮影が可能となる。NEXTPETS!」を使用してバッグを読み込むことで、『仮面ライダー鎧武』がスマートフォン上に出現し、一緒に写真撮影ができる。バッグと一緒に写真を撮るだけで、いつでもどこでも『仮面ライダー鎧武』と2ショット撮影できるバッグとなっている…

  • メッセージが届くとスマホが香る

    “香りの4Dコミュニケーション”
    進化し続けるスマートフォンで未だ実現できないコト。それは、“嗅覚”を使ったコニュニケーションのカタチです。我々は、スマートフォンからメッセージと一緒に“香り”を届ける事のできるアプリとデバイスによって、今までにはなかった新しいコミュニケーションの提供を目的とし、このプロジェクトを立ち上げました。
    着パフは、専用アプリで相手にメッセージを送ると、相手側に取り付けた着パフデバイスが、噴霧するという世界初の全く新しいプロダクトサービスです。デバイスに取り付ける香りタンクは、交換可能で、タンクには、特殊なIDチップが装着されており…

  • 未知のマルウェアを排除

    未知のマルウェアによる脅威の検出から感染被害などの修復までを行えるセキュリティアプライアンスの新製品「McAfee Advanced Threat Defense(ATD)」を国内で発表した。11月20日に出荷を開始。新製品は「検出」「被害抑止」「修復」の3つの特徴を持つという。検出ではWebやメールなどからLANに侵入する不審なファイルに対し、ウイルス定義ファイルや同社の脅威情報基盤「GTI」の評価情報との照合、エミュレーションによるリアルタイム解析、サンドボックス環境で実行させることによる動的解析、ソースコードレベルでの静的解析などを行い、マルウェアであるか…

  • 組み立てAndroidスマホ発表

    Project Araでは標準化されたハードウェアモジュールを利用して、自分仕様のスマートフォンを作成する。MotorolaのAdvanced Technology and Projectsグループが進めているプロジェクトでフリーでオープンなハードウェアプラットフォームを目標としている。これにより、ユーザーは高度にモジュラー化されたスマートフォンを作成できるとともに、ハードウェアメーカーにとっても参入障壁が低くなり、開発時間を短縮化できるという。 本プロジェクトでは、ディスプレー、プロッサー、バッテリーなどのモジュール、それにモジュールが土台とするフレーム/ケース「endoskelton(endo)」で構成される…

  • もはや「異次元の域」

    第2世代LaVie Zは、2560×1440ドット表示のIGZOディスプレイを採用した「高解像度モデル」と、タッチパネル搭載+長時間バッテリーを備えた「タッチモデル」の2バリエーションを用意し、モデルチェンジを行った。このうち高解像度モデルは、“限界”を追求した従来モデル(2012年0月発売)の重量をさらに約80グラムも下回る「約795グラム」を実現し、13.3型ノートPCで「世界最軽量」(NEC調べ)の称号を再び獲得した。マグネシウム合金を採用するアッパーボディ(キーボード側)も、パームレスト部を0.5ミリから0.45ミリに薄肉化し「約5グラム」軽量に、そして内部ファンもアルミからマグネシウムボディに変更…