VRアプリ/アトラクション開発

VR app/Attraction development

■VRアプリ/アトラクション開発

Oculus VR社が開発しているバーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイ「オキュラスリフト」、HTC社が開発している「VIVE」に代表されるVRゴーグル。
広視野な立体視と高速なヘッドトラッキングにより自分の周囲に本当に物が存在するかのように感じるので、実際にその場にいるような感覚を味わうことができます。
また、マイコン制御で様々な入力デバイスハードとの連携が可能です。

・バーチャル体験
物理的に不可能なことでもバーチャル空間では実現可能です。
アーティフィスでは、現実ではありえないような高さのジェットコースターに乗ってみたり、高層ビルとビルの間で綱渡りをしたり…創造力次第ですばらしい可能性のコンテンツが開発可能です。

・体験型ゲーム
振り向くとゾンビが襲ってくるシューティングゲームや、空を鳥のように滑空して得点を競うアクションゲームなど、よりリアリティのあるゲームの開発が可能です。

・バーチャル旅行
行ったことのない場所、もしくは現実ではありえないような場所へ実際に行ったような感覚を味わうことができます。

・バーチャルコミュニケーション
ネットワークを使い3Dの仮想空間に複数名で入り込みます。
例えば会議で、みんなで完成前のマンションに入り込みデザインの確認をしたり、空間上にプレゼンの後押しをする仕掛けを仕込むことができます。
ゲームでは11対11のリアルなサッカーゲームを体験したりすることが可能です。

・様々な開発機器と連動

位置、動き、声、顔が認識できるKinectや、手のジェスチャーによってコンピュータを操作できるコントローラー「Leap motion」等を使い、ジェスチャーや音声認識による直観的で自然なシステムが実装可能です。