目の前に浮かぶ作業空間で仕事ができるARヘッドセットに、「もうすぐ実現する未来」を見た

ARTIFICE PICK UP NEWS

■目の前の空中でコンテンツをジェスチャー操作できる拡張現実(AR)ヘッドセット「Meta 2」。いったいどこまで実際の仕事に使えるのか、『WIRED』US版の記者がしばらく自分の職場で試してみた。

https://wired.jp/2017/12/21/meta-2-ar-headset/

所感:空間に浮かんでいる画面を実際に手で操作できるARヘッドセットですが、実用化には色々問題が多いようです。私たちが日常的に使えるようになるには、まだ時間がかかりそうですが、現実のモニターを必要としなくなる世の中は来るのでしょうか。