たたらのAR 【たたらの里プロジェクト 鳥取県日野町公式】

鳥取県日野町は「都合山たたら遺跡」等をARで紹介するアプリを平成29年4月21日にリリースしました。
現地に設置してあるマーカーを読み込むことで、バーチャルガイドとして当時の「たたらの里の仕事ぶり・暮らしぶり」がCGで再現されリアルなたたら暮らし体験ができます。
また、日野町ゆかりの「金屋子神(かなやごしん)」がバーチャルガイドとして登場し、各スポットを案内してくれます。

現地でしか見られないARで観光促進!

日野町は、たたら製鉄を地域遺産として文化や観光に活用しようと、地方創生加速化交付金で「奥日野たたらの里づくりプロジェクト」を展開しています。
ARで当時の再現を行うことは、遺跡に直接手を加えることなく当時の様子を再現できるものとして導入されました。
現地に直接行って当時の様子を見比べることができるため、観光客の誘致につながることを目指しています。

たたらのAR使い方

  1. ARアプリをダウンロード(お持ちのスマートフォンやタブレット端末へ)。
  2. 都合山たたら遺跡(現地)に行く。
  3. ARアプリを立ち上げる。
  4. 現地に設置のARマーカーにお持ちのスマートフォンやタブレット端末をかざす。
  5. 当時のたたらの里の仕事ぶり・暮らしぶりを堪能する。

奥日野たたらの里プロジェクト たたらのAR紹介ページ