Did you know you are using an outdated browser?

AR 開発(拡張現実)+実写AR

AR(拡張現実)とは、CG画像や映像を、実際のカメラ画像にリアルタイムにオーバーレイ(重ね合わせる)して表現するIT技術です。

特定位置に携帯カメラをむけることで、ビル上に看板や地図を表示したり、何もない路上にCGアニメーションの女の子が出現するといったアプリケーションが普及しはじめています。
しかし、現段階の技術をゲームならともかく、SP(セールスプロモーション)などに応用するには限界がありました。なぜなら、ARを表示するには、位置を特定するGPS機能や、表示を指示するマーカーが必要で、これらをビルや商品に付加するには、大掛かりな投資が必要です。

今回、株式会社ARTIFICEが開発したARアプリケーションはこうした問題を「マーカーレス技術」や「実写360度AR技術」によって解決しています。

実写360AR「PASSPO☆AR」の動画


マーカーを独自の画像解析によって自由に設定・登録が可能。
たとえば、商品のロゴマークなどをマーカーとして設定することで、商品上に3D画像・映像を表示することが出来ます。
さらに、360度、どの方向からでも見られる映像・画像技術によって、全く新しい演出が可能です(動画・音声も含む)。



特定マークなどを登録しておけば、ARTIFICE01が自動認識してマーク上に画像を呼び出し、一度呼び出せば、マーカー上でなくても画像が消えることはありません。


吉本興業 LIVESTAND AR

AR saki livestand  livestand AR saki AR saki livestand

iPhone/iPad App

心書の時空
心書の時空
samurai-name
SAMURAI NAME
e-yan
E-YAN Vol.01
NEWS
  • 自治体初!実写立体視VRアプリ「周You- 斑鳩・奈良 観光VR-」リリース

    奈良県斑鳩町は自治体初の実写立体視を使ったVRアプリを2015年8月29日にリリース。
    イベントや四季などの7つのテーマにもとづいて、斑鳩町と奈良市を周遊し新たな魅力を見つけて下さい。

  • DIVRコースターが「嵐にしやがれ」に登場

    ダンボール製VRゴーグル DiVR(ダイバー)

    ダンボール製VRゴーグル「DiVR-ダイバー-」のDiVRコースター1.0が日本テレビ「嵐にしやがれ」で紹介されました。
    DiVR(ダイバー)とは、360度全天周のVRコンテンツが楽しめるVRゴーグルです。

  • 日本テレビ番組スッキリ!!に出演させて頂きました

    日本テレビ様の番組スッキリ!!内特集「脅威のバーチャル体験 話題の最先端ゴーグルに迫る」に出演させて頂きました […]

  • ゲーミフィケーション活用マーケティングセミナー

    第7回デジタルマーケティングセミナー 〜ここまで来た!AR活用満載の事例活用〜にて、株式会社アーティフィスの代表取締役 長野稔樹が『ゲームが持つユーザーを熱中させる要素をマーケティングに活用するゲーミフィケーション』というテーマで、ゲームのメカニズムの社会的活用という広義の意味でのゲーミフィケーション(gamification)の講演を行いました。