Did you know you are using an outdated browser?

電子書籍 アプリ内課金

■iBooks風 電子書籍配信アプリでアプリ内課金を

自社ブランドの「本屋」をiPhoneアプリでオープンしてみませんか?

iPhoneにおいて電子書籍形式のアプリは沢山ありますが、それぞれ単体としてAppStoreで販売するのが現在の主流となっております。
ARTIFICEでは、エンドユーザーからのリピートをより見込める「iBooks風 アプリ内課金が出来る本屋さんアプリ」を推奨しています。

ユーザーがアプリを購入する従来の方法は、AppStoreから検索を行ったり、ランキング上位のアプリをダウンロードしたりという方法になりますが、「本屋アプリ」を使うことで、一度、本屋アプリをダウンロードしたユーザーに対して、最新の電子書籍情報をAppStor経由じゃなく、直接ユーザーに知らせる事ができます。

■書籍をiPhoneやAndroidで電子書籍アプリにする

絶版になった本をiPhone電子書籍でもう一度復活させたり、カタログ本をiPhoneで電子書籍化し、WEBショッピング
出来るカタログにするなど、実際の書籍があれば、無駄なく新たな販売チャンスを作る事ができます。

WEBとの連動で可能性を広げる電子書籍の形

ページをめくっていくと動画の再生ボタンがあり、クリックすると動画を再生するといった紙とデジタルのインタラクティブな融合です。
Webと連動させショッピングカートへの誘導を行ったり、現在地から目的地までを計算し表示するマップ機能との連動も行えます。

ショッピングカタログからショッピングサイトへ無理のない誘導

紙のカタログでは、読者が「電話をかける」「メールをする」といった二次的なアクションがないと購買につながりませんでしたが、
「電子書籍カタログ×ショッピングサイト」を使うことにより、紙のカタログを読ませるように無理なくショッピング画面に誘導する事ができます。
iPhone / Android専用のショッピングサイトを構築してよりスムーズにお客様に商品を提供出来ます。
もちろん、ヤフー・楽天ショップなどに登録済のショップでも導入が可能です。

NEWS
  • 鳥取県日野町公式ARアプリ「たたらのAR」リリース

    鳥取県日野町は「都合山たたら遺跡」等をARで紹介するアプリを平成29年4月21日にリリースしました。バーチャルガイドとして当時の「たたらの里の仕事ぶり・暮らしぶり」がCGで再現されリアルなたたら暮らし体験ができます。