Did you know you are using an outdated browser?

VRゴーグル用 アトラクション開発

新しい表現技術の追求

精鋭陣のフットワークの軽さ、知識を欲する力が強く、今あるコンテンツを活用しつつ、最新技術を組み合わせた新しい表現技術を常に研究しています。
VR分野では、さまざまなハードを組み合わせることで、より、現実世界の身体と、VR世界のキャラクターとのシンクロ率が高まり、夢にみていた世界が具現化され、実現へと近づいています。

 

【技術ハード&ソフト】

Oculus Rift(オキュラスリフト)、Omni(オムニ)、STEM(ステム)Unity(ユニティ)、Kinect(キネクト)、Leap Motion(リープモーション)etc

 

<開発事例>

<各システム概要>

【Oculus Rift(オキュラスリフト)】

VRに特化したヘッドマウントディスプレイで、頭の動きに合わせて表示が追従するため、右を向けば右、左を向けば左、巨大なものは見上げることができ、高いところは下を見下ろしたりなど、まるで自分がその場所にいるかのような体験ができます。

【Omni(オムニ)】

体感VRシステム「Omni」は全方向制ルームランナー型デバイスです。ユーザー自身の動きを感知
するため、ゲーム内でダッシュやジャンプをすることができます。
VRヘッドセットとの組み合わせることで、ゲーム内を歩いたり、銃を撃ったりなど、ゲームの世界に入り込んだような感覚でプレイできることが特徴です。

【STEM(ステム)】
STEMシステムは手、足、腰、頭の位置検出を行うことができ、しゃがんだり、モノを投げたりなどさまざまな動作を認識できます。現実のゲーム世界に没頭してキャラクタと一体となることができるVRモーションコントローラーです。

【Kinect(キネクト)】

物理的なコントローラを使わず操作ができる体感型のゲームシステムで、位置、動き、声、顔を認識することができるため、ジェスチャーや音声認識によって直観的で自然なプレイを実現します。

【Leap Motion(リープモーション)】

eap Motionは手のジェスチャーによってコンピュータを操作できるコントローラーです。
両手と10本の指をそれぞれ別々に、また、動作は100分の1ミリ間隔で認識することができます。

お問い合せ

様々なご要望を承ります!
まずは下記のフォームよりご相談くださいませ!

フリガナ  

氏名  

会社名・組織名  

メールアドレス   

メールアドレス確認  

住所  

電話番号   

お問い合わせ内容  

NEWS
  • 鳥取県日野町公式ARアプリ「たたらのAR」リリース

    鳥取県日野町は「都合山たたら遺跡」等をARで紹介するアプリを平成29年4月21日にリリースしました。バーチャルガイドとして当時の「たたらの里の仕事ぶり・暮らしぶり」がCGで再現されリアルなたたら暮らし体験ができます。